目的

本規約は、お客様との契約関係を規律するものである。

顧客登録

1 お客様は、本規約を遵守することに同意し、かつ定める一定の情報(以下「登録情報」といいます。)を 定める方法で提供することにより、顧客登録申請を行う。

2 お客様が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合、お客様の顧客登録を拒否することができる。

(1)故意・過失を問わず、お客様が提供した情報の全部又は一部に虚偽又は申告漏れがあった場合

(2)お客様が満20歳未満の場合

(3)お客様が、反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、 又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等、 反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると判断した場合

(4)お客様が何らかの法令に違反する行為を行うことを目的として利用を行おうとしていると判断した場合

(5)その他、顧客登録を適当でないと判断した場合

外国為替証拠金口座の開設

1 お客様は、別途送付する案内文等をもって、証券会社に対する口座開設の申込等を自己の責任で行う。

2 前項にしたがって口座を開設したお客様は、定める方法ですみやかに口座に関する情報を提供する。

パスワード等の管理

1 お客様は、自己の責任において、自身のアカウント及びパスワードを厳重に管理及び保管し、 第三者にこれらを使用させてはならず、また、第三者にこれらを不正使用されることがないよう、以下の事項を遵守する。

(1)容易に第三者に推測されないパスワードとすること

(2)第三者に自己のアカウント及びパスワードを公開しないこと

(3)複数の人間が使用するコンピュータ及び携帯電話上で利用する場合は、 ウェブサイトの利用を終えるときに必ずログアウトしウェブブラウザを終了させること

(4)複数の人間が使用するコンピュータ並びに携帯電話上でウェブサイトを利用する場合は、 かんたんログイン(ログイン時のメールアドレスとパスワードの入力を省略できる機能)の登録解除を行っておくこと

2 利用によって生じた結果並びにそれに伴う一切の責任については、 利用登録を行った本人に帰属するものとする。

3 お客様は、お客様の保有するパスワードの不正使用によって第三者に損害が生じた場合、第三者に対して、当該損害を賠償するものとする。 また、登録情報の管理は、お客様が自己の責任において行うものとし、登録情報が不正確又は虚偽であったためにお客様が被った一切の不利益及び損害に関して、責任を負わない。

対価の支払い

お客様は、本規約に定める例外的場合を除き、対し、事由のいかんを問わず、既に支払った本条所定の対価の返還を求めることができない。


秘密保持

1 お客様は、本規約の存在及び各条項並びに本規約に関連して知った相手方に関する情報(以下「秘密情報」という。)を 第三者に対して開示、提供又は漏洩してはならない。 ただし、次のいずれかに該当することを証明できる情報については、この限りではない。

 ① 提供又は開示を受けた際、既に自己が保有していた情報

 ② 提供又は開示を受けた際、既に公知となっている情報

 ③ 提供又は開示を受けた後、自己の責めによらずに公知となった情報

 ④ 正当な権限を有する第三者から秘密保持義務を負わずに適法に取得した情報

 ⑤ 秘密情報によることなく独自に開発又は取得した情報

 ⑥ 法律の規定に基づき開示しなければならない情報

 ⑦ 書面により事前に相手方の同意を得た情報

2 お客様は、秘密情報(第1項ただし書に掲げるものを除く。)を本規約の目的外に使用してはならない。

責任の範囲等

1 お客様は、FX取引が様々なリスクを伴い、 投資元本に損失を与える可能性があることを十分に認識し、 お客様に利益を与え、あるいは損失を与えないことを保証するものではないことを予め承認する。

2 お客様の責めによらずして本件に不具合が発生した場合といえども、一切責任を負わない。

お客様による協力

お客様に対して第三者から当該第三者の知的財産権又はその他の権利を侵害している旨の申立てがなされた場合、 お客様は対して、速やかに当該申立ての事実及び内容を通知しなければならない。 お客様は、当該申立てに関する事案を解決するために一定の要望があった場合には、お客様が必要と認める範囲で協力する。

 

契約関係の解除

1 お客様が本規約のいずれかの条項に違反し、その是正を要求する通知を受領した場合は、 お客様にその旨を電子メールをもって通知することにより、本件に係るお客様との契約関係を直ちに解除することができる。

2 お客様に以下の各号に定める事由の一が生じた場合には、何らの催告なくして、 本件の利用に係るお客様との契約関係を直ちに解除することができる。

(1)お客様が月額使用料の支払いを遅滞したとき。

(2)手形若しくは小切手の不渡りが生じたとき、手形交換所の取引停止処分を受けたとき、又は支払い停止の状態に陥ったとき。

(3)第三者より仮差押え、仮処分、強制執行などを受けたとき、又は公租公課の滞納処分を受けたとき。

(4)破産手続き、特別清算、民事再生手続又は会社更生手続開始の申立てがあったとき。

(5)その他財務状態が著しく悪化し、又は悪化のおそれがあるとき。

契約の地位の譲渡禁止

   お客様は、相手方の書面による事前の承諾がない限り、    お客様との間の契約上の権利及び義務並びに契約上の地位を第三者へ譲渡し、又は担保に供してはならない。

規約の変更

本規約は、必要と判断する場合、お客様への事前通知なく変更されることがあり、 変更後の規約は、ウェブサイト内の適宜の場所に掲示された時点からその効力を生じる。

禁止行為

1 お客様は、本件の使用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはならない。

(1)マネー・ロンダリング(資金洗浄)行為。

(2)架空人物、他者へのなりすまし、同一人物・同一法人による複数アカウントの所持などの行為。

(3)全部又は一部を問わず、本件に関して提供するパンフレット、リーフレット又は資料を、事前の同意なく、 複写、再生、複製、送付、譲渡、頒布、配布、転売、送信、送信可能化、改変、翻案、翻訳、貸与、又はこれらの目的で利用若しくは使用するために保管する行為

(4)本規約に違反する全ての行為

(5)公序良俗に反する行為又はそのおそれのある行為

(6)犯罪行為、不法行為、又はそのおそれのある行為

(7)他のお客様若しくは第三者に不利益を与える行為、又はそのおそれのある行為

(8)サービスの運営を妨げる行為、又はそのおそれのある行為

(9)信用を毀損する行為、又はそのおそれのある行為

(10)第三者の知的財産権、名誉、プライバシーその他第三者の権利又は利益を侵害する行為、又はそのおそれのある行為

(11)上記各号に定める行為を幇助又は教唆する行為

(12)その他、不適切と判断する行為

2 前項各号に該当する行為がなされた場合、裁量で、お客様に事前に通告することなく、当該お客様の本件の利用停止その他適切かつ必要と判断する処置を行うものとする。かかる処置を行った理由については、その理由の如何を問わずお客様に対して一切回答する義務を負わない。行った上記処置に起因してお客様に損害が生じても、一切の責任を負わない。

反社会的勢力の排除

1 お客様は、次の各号の事項を確約する。

(1)自らが反社会的勢力等ではないこと。

(2)自らの役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいう)が反社会的勢力ではないこと。

(3)反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本交換取引を実施するものでないこと。

2 お客様が前項の規定に違反した場合には、何の催告を要せずして、本規約を解除することができ、 お客様のアカウントの凍結その他適切かつ必要と判断する処置を行う。 

以上